大人のあこがれ

子どもってすごいな。すてきだな。と
大人になったらみんなが思う。

上から
子どもの絵の世界を再現したアート、
子どもの絵をぬいぐるみにしてくれるサービス、
子どもの絵を刺繍にしてくれるサービス。









土鍋とおでん

鰹だしと、鶏のだしで作る我が家のおでん。
凝ったところも変わった種もないけど、
土鍋で作るのがこだわり!



土鍋と塩麹

塩麹で里芋と牛肉を煮込んでみたら、美味しいではないか!!
こりゃいいや!

写真はじゃがいもですが、この土鍋で作りました。
手引きの土鍋。肉厚で。
使った途端にヒビみたいな大きな貫入がピキピキ入って
水漏れもしたけどお粥をガンガンに炊き込んで、鍛えて使っています。
お粥を炊き込むとしっかり沸き始め、蓄熱力もすごい。
生き物みたいに気分屋?ですが、おもしろい土鍋。



寒い今日。
晩ご飯は何にしようかな。

最近子どもたちがはまっている映画は「ポリスアカデミー」。
私も小さいときに見た。おもしろくて、大好き。
いつの時代も笑える。



寒い

今日はものすごく寒い、冬がやってきた!
どんよりと灰色だな−。

日課の「塩麹ぐるぐるかき混ぜ」もしたし、
今日もがんばろう。



夏の思い出

夏の間、仕事ばかりしていました。
夏の夕焼けがキレイで、リビングの窓から空を眺めて
それが何だか楽しみだったのか、そのことしか覚えていない。

こうして書くと、何だか寂しい感じがするけど
そうでもなかった。







ぎこちなく、ブログを再開\(^O^)/

何とも久しぶりに、本当に久しぶりに
ブログの更新ですよ!!
何だかぎこちないのですが(笑)徐々に調子を取り戻したいと思います!

ここ数ヶ月は仕事ばかりしていて、
まったく余裕がなかったのですが
先週末は久しぶりに群馬に帰ることができました!



群馬では恒例の釣りに。子どもたちも大喜び。
私はいつもまったく釣れないのに、今回めっちゃ釣った!!
ビギナーズラック再来!!



釣った魚は時間をかけてじっくりと焼いてもらいます。
本当に美味しい。



ゆっくりしてきました。みんなの笑顔、笑い声。
いつも家族に支えられている。そんなことをじわじわ思った。

忘れていたけど



日曜日、朝起きて
リビングに座り込んだ姿勢で、ふと窓を見上げたら
この家を大好きになった「窓の向こう」がとてもキレイで
久しぶりに、その小さくて懐かしい感動が
感覚として自分の中にぐーっと湧いてきて、
爽やかな気持ちになった。

でも写真では、そのキレイさというか、
居心地の良い空気感は撮れない。残念。

春一番と呼ぶにはきつすぎる

大嵐というけど、先週土曜日の方がひどかった気がするのは
土曜日は、外に出て体で嵐を感じたからなのか。

タクシーがゆれて、地震みたいだった。
タクシーのじいちゃんが「あぁ〜、今日はもう出歩かない方がいい…」と
つぶやいていたこと、ひっくり返った傘を持った4年生ぐらいの子どもたちが
大喜びでゲラゲラ笑っていた道の様子が思い出される。

今日は一日中作業。今のところ、まだ平和。

ライブに行ってきた

金曜日の夜、ひょんなことで
六本木までライブに行ってきた。

アキが1歳の時、初めて行った下田の海で泊まったペンション、
そこにあったバーが、先月の末にクローズした。
その、さよならライブ。

下田には何度も行って、いろいろな思い出がある。
そのバーは、生意気言うと「私たちの下田」にはなくてはならない場所だった。
でも、なくなってしまった…。

バーは、ミュージシャンのケニーさんご夫婦が経営していた。
ときどきお店をお手伝いしてたケニーさんのお姉さんが偶然うちの近所に住んでいて、
お姉さんはもう60代だけど、何だかさばさばしてて、おもしろい人で。
連絡をもらって東戸塚でお昼をご一緒したり、庭の柚子や月桂樹の葉をいただいたり。
楽しいお付き合いをしている。

金曜の朝、お姉さんから電話が掛かってきた。ライブに一緒に行かないかって。
ライブがあることは知っていたけど、六本木だし急だし、無理かと思ってたけど
お姉さんに誘われて、ぐーんと心の針が「行く」に振り切って、行くことにした。

行ってよかった。すごく楽しかった。

いろいろな夏の思い出が心を巡っていった。
たくさんのバンドが、ケニーさんたちを愛しているキラキラの心で歌い
幸せなパワーが、ライブハウスをいっぱいにしてる感じ。
どのステージもプロフェッショナルですてきで、
改めて芸事のすばらしさというか。歌と音楽の力に引き込まれて、
ホワホワと、うっとり陶酔して、奪われていく(?)感覚が気持ちよかった。
気がつくと、お客さんがいっぱい。みんなバーを愛してたお客さんだろう。
どの人も笑顔で、久しぶりに会った馴染みと談笑して、美味しいお酒を飲んでいる。

そして、大久保理さんという方の歌がよかった。
お姉さんの同級生の息子さんで、偶然ケニーさんと音楽で繋がってたのだとか。
ものすごいキレイな声だった!!もうファンになった。
名前をメモっていると、彼のご両親が隣のテーブルに座ってて(お姉さんが気付いた)、
お母さまと、ちょっとお話をした。
「この子は音楽の才能がある!とか、小さい頃に気付きましたか?」と聞くと
「いや、そんなことは分からなかったけど、とにかく好きなんだなって。
 好きなら、やめられなくて自然にそちらに流れていくよ。
 たぶん、やめられなくて(笑)」と教えてくれた。

幸せな夜をありがとう。
本当に行ってよかった、また行きたい。

| 1/65PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.